当日順番受付をご利用下さい。

このシミをなんとかしたい!

一般にシミとおもわれている色素班には良性のものも、悪性のものもあります。まずシミの診断が必要です。レーザーが向かないシミも多数ありますので、治療の方向性を見極めるためにも、まず外来受診をしてください。つが皮膚科医院では、キャンデラ社のQスイッチアレクサンドライトレーザーを用い適応のあるシミの治療を行っています。皮膚の異常メラニンにだけにレーザーが反応し、徐々に色を薄くしてゆくことができます。

こんな症状におすすめの治療法

シミ(日光性色素斑)

脂漏性角化症

雀卵斑(そばかす)

太田母斑(保険適応)

後天性真皮メラノサイトーシス

刺青

外傷性刺青(保険適応)

老人性色素班への照射の経過

1 照射前

2 照射後1週間後

3 照射後1週間はがれたところ

4 照射後1か月 色素がやや戻る、いわゆる戻りシミの時期

5 照射後2か月 戻りシミがうすくなってきている。

6 照射後6か月 完全に色素消失しています。

治療後数日から1週間程度は照射部位がはれてみえますが心配いりません。つが皮膚科医院では、その期間、軟膏を塗り、テープかガーゼで照射部位を保護します。1週間後の受診まで、ご本人に部位のケアをしていただきますが、方法については丁寧にお教えさせていただき、必要な衛生用品は当院からお渡しします。老人性色素班の場合な、1週間から10日で、かさぶたがはがれ、ピンク色のきれいな皮膚があらわれます。その後人によっては、炎症後の色素沈着が起きる可能性がありますが、一過性のもので、数か月から半年できえてゆきます。

費用

10,000円/ ㎠

広範囲の場合この限りではありません。費用は考慮させていただきます。