当日順番受付をご利用下さい。

どんな病気?

にきび(尋常性ざ瘡)は,顔や背中,胸などの皮脂腺の多い部位の毛包(毛穴)に炎症が起きる病気です。皮脂腺は皮脂を分泌する器官です。皮脂は肌を乾燥から守る役割をしていますが,皮脂の分泌量が増えたり毛穴が詰まったりすると,アクネ菌という細菌が増殖して炎症が起こります。思春期に分泌されるホルモンは皮脂の分泌を増やし,毛穴を角質で閉塞させるため,にきびは思春期に多く発症します。このにきび特有の毛穴のつまりは,白色あるいは黒色の点状の小さなポツポツとして観察され,面皰(めんぽう)と呼ばれます。面皰に細菌が炎症を起こすと赤く腫れて痛みを生じ,時に膿を伴います。炎症が強く毛穴の周囲の組織にも影響が及ぶと,炎症がおさまった後にも瘢痕と呼ばれる凹みや硬い盛り上がりが生じ,これらの瘢痕による症状は思春期が過ぎた後にも持続してしまいます。

治療法

にきびの治療には,面皰の改善のための薬剤としてディフェリン®(アダパレン),ベピオ®(過酸化ベンゾイル),あるいはその合剤(エピデュオ®)を使用します。また炎症を伴う場合には,抗菌薬やベピオと抗菌薬の合剤(デュアック®)を使用します。炎症が強い場合には,抗菌薬の内服を行う場合もあります。
当院では難治性のにきびに対する治療として,ケミカルピーリング(自費診療)を行うことも可能です。