当日順番受付をご利用下さい。

男性型脱毛症(AGA)とは?

AGAとは男性型脱毛症の略称であり、男性ホルモンと遺伝が関連した脱毛症のことをいいます。発症するとまず髪のハリやコシが失われ、産毛のような頼りない毛に変わってゆきます。その後にじわじわと脱毛してゆき、主として頭頂部と前頭部における脱毛が顕著になります。AGAの発症には、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が関与しています。DHTは毛髪の伸張反応を抑制する作用があり、DHT受容体の多く分布する頭頂部や、前頭部の毛髪に働きかけ脱毛症状を起こします。女性の場合は閉経後に発症することが多く、頭頂部の毛髪が薄くなる傾向があります。毛髪が薄くなっている部分には、太い毛(終毛)と細い毛(軟毛)がまだらに生えています。国際的な診断基準では薄毛部分に2割以上の軟毛化があればAGAが疑われます。

治療

日本皮膚科学会のガイドラインでは保険外ですが以下の薬剤を推奨しています。

内服薬:フィナステリド、デュタステリド(男性のみ)

外用薬:ミノキシジル(男女とも使えます。)

どちらもつが皮膚科医院で処方できます。

難治であったり、上記の薬剤が効かない場合や、使えない場合、当院では、発毛に有効なペプチドの局所注射をおこなっています。詳しくは美容皮膚科の薄毛治療を参照してください。(男女ともに、施術できます。)いずれも、若い時期や気になりはじめた時期から治療を開始し、継続することが大切です。