当日順番受付をご利用下さい。

多汗症とは?

汗の量が多くなる病気や障害が無いにもかかわらず、過剰な汗が出てしまう疾患です。人の体には「アポクリン腺」と「エクリン腺と呼ばれる2種類の汗腺が存在し、多汗症の原因となるのは「エクリン腺」から分泌される汗です。「エクリン腺」から分泌された汗は水分と塩分で構成され、無色でニオイもありません。ところが、皮膚表面に付着している汚れや皮脂と混ざり、皮膚常在菌によって分解されるとニオイが発生します。また衣類の汗ジミ、黄ばみなどの原因となるため、日常生活に影響がでることがあります。

原発性多汗症は、わきの下、頭皮、額、手のひら、足の裏など汗腺が密集している特定の部位のみ汗をかく症状です。

原発性多汗症の診断

・初発年齢は25歳以下
・左右対称性
・睡眠中はひどい発汗はとまっている
・週1回以上多汗のエピソードがある
・家族にも同じ症状のみられる人がいる
・それらによって、日常生活に支障をきたしている

以上の症状のうち2項目以上があてはまり、原因不明の発汗が6か月以上続く時に原発性局所性多汗症と診断されます。

治療

外用剤  

エクロックゲル(わきの下に適応)

12歳から使用可能

ラピフォートゲル(わきの下に適応)

9歳からから使用可能

アポハイドローション(手掌に適応)

12歳から使用可能

塩化アルミニウム

院内製剤でお渡しできますが、私費になります。
部位や症状により、単純塗布や密封療法で使います。