当日順番受付をご利用下さい。

手湿疹(手荒れ)

手の皮膚表面は他の部位より角質が厚く、手を外部の様々な刺激から守っています。手荒れは、水や洗剤などにより皮膚表面の水分や皮脂が減少する、化学物質に触れて刺激に敏感になる、アレルギー物質に接触する、物理的にまさつされる、などを繰り返すことにより引き起こされます。水泡、水泡掻きこわしによるじゅくじゅく、乾燥、ひびわれ、皮膚のごわごわなどの症状が現れます。手を洗う回数の多い調理師、美容師、医療従事者は手荒れしやすいとされています。ともと皮膚のバリア機能が弱っているアトピー皮膚炎や乾燥肌の人も起こりやすいといわれています。

治療

ステロイド剤の外用と抗ヒスタミン薬の内服が治療の主体です。保湿剤の外用も重要です。日中の手を使わない時、就寝前などに、たっぷりと保湿剤を塗り手を保護します。水仕事をするときは綿手袋をした上にゴム手袋をしてください。直接にゴム手袋をするときはニトリル製の手袋をしてください。