当日順番受付をご利用下さい。

白斑はメラニン色素が作られなくなることにより生じる病気で、その症状が白く斑状であることから白斑と呼ばれています。原因は先天性(生まれつきの原因)と後天性のものに分かれます。

先天性

メラニンを合成するための遺伝子や、メラノサイトを活性化させる遺伝子の変異・欠損が主な原因です。

後天性

ストレスなどによるメラニンの産生障害、メラノサイトを攻撃する自己免疫疾患、薬剤や、梅毒などの感染症によるメラノサイトへの障害などがあげられます。バセドウ病や橋本病などの甲状腺の病気、シェーグレン症候群、C型肝炎、糖尿病、悪性貧血、アジソン病、重症筋無力症などに合併することがあるとされいぇいます。

白斑の種類

尋常性白斑(白斑の大多数 6割)、サットン母斑、老人性白斑、白色粃糠疹、原田病など

 治療(主に尋常性白斑に行われるものです)

外用薬:ステロイドや免疫用製剤、活性型ビタミンDの塗り薬

光線療法:白斑にナローバンドUVBやエキシマライトなどの紫外線をあて、基底層に残っているメラノサイトを活性化させる治療です。時間はかかりますが、効果的な治療法です。

液体窒素療法:白斑部に液体窒素をあてる方法です。カモフラージュメイクも治療中の併用で、精神的重荷を軽くできます。